先発したエース水谷翼投手(三年)は、5回を投げて4失点。3点リードの五回には、五連打を浴びて試合は振り出しに戻ったが、その裏の攻撃で自ら勝ち越しの2点適時打を放った。「やってやられての繰り返しだった。チーム全体で取った勝利」と仲間たちに感謝した。
 「守りに入ってしまった」と勝負どころの投球を悔やんだ。甘く入った球を次々に外野へと運ばれ、「制球の甘さ、詰めの甘さが出た」。その裏、2死一、三塁で打席が回ってきた。「打線に助けてもらってきたから、かえそうと思っていた」。直球に狙いを定め、外角高めの初球を振り抜くと、打球は右中間を破った。
 「自分も、もっと調子を上げて、チームも失点がないようにしたい」と次戦に向けての課題を挙げた。

 (芝野享平)