第九十九回全国高校野球選手権大会が八日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕した。開会式に臨んだ県代表の中京大中京の選手たちは、力強く入場行進した。
 選手たちは、背番号16の竹田健人選手(三年)の「イチ、イチ、イチ、ニ」の掛け声に合わせて歩調をそろえた。「声がよく通る」ことが“抜てき”の理由で、竹田選手は「いよいよ始まると思うと緊張したが、目いっぱいの声を出せていい記念になった」と振り返った。
 伊藤康祐主将(同)は県大会の優勝旗を持って先頭を行進しながら、土の感触や、自分が守るセンターの守備位置と外野フェンスまでの距離などを確認した。「満席の中で本番を迎えるのが楽しみです」と話した。

 (安福晋一郎)