高校演劇の県大会(中日新聞社など主催)が九、十の両日、津市の県総合文化センターであった。出場校が熱い舞台を繰り広げ、審査の結果、いずれも最優秀賞の県知事賞に神戸、中日賞に津商業がそれぞれ選ばれた。
 二つの地区大会で選ばれた県内の八校が約一時間の創作劇などを順番に披露。神戸は避難警報が鳴り響く中で繰り広げられる友情の物語「避難」、津商業は新人看護師と患者家族の成長を描いた「いのちのはなし」を上演した。
 両校は十二月二十五日から愛知県稲沢市の名古屋文理大学文化フォーラムで開催される、中部日本高等学校演劇大会に県代表として出場する。
 神戸で演出を務めた二年の山本萌乃さんは「みんなで話し合って決めた難しい脚本に挑戦したかいがあった」、津商業のリーダーで三年の山中美優さんは「自分たちの成長に誇りを感じる」と笑顔で話した。

 (須江政仁)
 ◇最優秀賞を除く成績は次の通り
 優秀賞 高田、四日市西▽優良賞 桑名西、津東、暁、いなべ総合学園▽舞台美術賞 津商業