富山市の富岩(ふがん)運河環水公園近くで県が整備していた立体駐車場が完成し、十日から利用が始まった。七十三台分の駐車スペースを新たに確保し、課題だった混雑緩和につなげる。
 鉄骨三階建てで、富山赤十字病院(同市牛島本町)の敷地に隣接する日赤県支部の跡地約九百六十平方メートルに建設した。総事業費は約四億三千万円。
 利用時間は午前八時〜午後十時半。最初の一時間は三百二十円で、それ以降は三十分ごとに百十円ずつ加算する。公園や近くの県美術館の利用者は、駐車場に設置された事前精算機に駐車券を通せば、二時間まで無料となる。
 整備前の公園一帯の収容台数は、公園駐車場の百七十一台と県美術館駐車場の百三台を合わせた二百七十四台だったが、これで計三百四十七台になった。県都市計画課の担当者は「混雑緩和に一定の効果があると見込むが、イベントの際にはまだ混雑が予想されるので、公共交通機関を利用して」と呼び掛けている。
  (山中正義)