名古屋市は、二〇二七年のリニア中央新幹線開業を見据えた「名古屋駅周辺交通基盤整備方針」案をまとめた。名駅へのアクセスの向上や、乗り換え機能の強化などの施策を盛り込んだ。
 名駅周辺の人の動きがリニア開業後、現在より13%増加することが予測される中、大都市の玄関口としてふさわしい空間づくりを目的に策定。名駅近くでの名古屋高速の出入り口追加や、駅の東西五カ所での「ターミナルスクエア(乗り換え広場)」整備などを盛り込んだ。方針は今秋ごろに確定し、二七年度の整備完了を目指す。
 市は方針案の資料を十九日から区役所などに置き、市のホームページにも掲載。九月十九日まで市民からの意見を受け付ける。
 八月十九日午後二時からは名駅のミッドランドホールで、方針案などを紹介するシンポジウムもある。入場無料で事前申し込み不要。(問)市リニア関連・名駅周辺開発推進課=052(972)2745

 (安田功)