桑名市多度町の多度大社で十一日、「ちょうちん祭り」が始まった。神社の境内や周辺道路を約八千個のちょうちんが彩る。十二日まで。
 祭りは神社が主催し、今年で三十二回目。十一日は午後五時からおそろいの鉢巻きを締めた子どもたち十五人がみこしを奉納し、祭りの開幕を告げた。浴衣姿のミス桑名もイベントに加わり、花を添えた。
 十二日も午後四〜九時に開催し、七時からちょうちんを点灯する。特設ステージでは戦隊ショーや歌謡ショーがあり、午後八時十分からビンゴゲームがある。
 神社は二日間で三万人の人出を見込んでいる。

 (遠藤康訓)