花咲徳栄との2回戦へ調整
 十日にあった全国高校野球選手権一回戦で、劇的な逆転勝利を収めた県代表の日本航空石川ナインは十一日、大阪市の大阪城公園でジョギングをして体をほぐした。熱戦から一夜明け、選手たちは「まだ実感がない」と口をそろえた。(松村真一郎)
 園内をリラックスした表情で三十分ほど走り、素振りをする軽めの練習をこなした。三枡春樹主将(三年)はテレビなどで逆転劇を見て振り返ったといい、「自分たちじゃないみたいな気がして、いまだに実感がない」とはにかんだ。
 決勝打を放った上田優弥選手(二年)は、祝福や激励の連絡を百件以上もらったという。二回戦で対戦する花咲徳栄(埼玉県代表)は、三月の練習試合でコールド負けを喫した相手。「強いチームだが、自分たちのいいところを出し切って、1点ずつ取っていきたい」と雪辱を期していた。