草津市で九月に開かれる野外音楽イベント「イナズマロックフェス」への出店権を懸け、県内外の飲食店が競う「イナズマフードグランプリ」が十二日、二日間の日程でJR草津駅前で始まった。
 地元企業を中心とした実行委員会が主催し、今年で三回目。来場者は、千円分の食券に対し一枚もらえる専用コインをおいしいと思った店に投じ、上位二十位までの店舗が出店権を得る。
 初日は、近江牛の串焼きやハンバーガーなどを売る四十三店舗が参加。妻と長男との三人で遊びに来た近くの西本剛典さん(37)は「おいしそうなお店が多く、選ぶのに迷いました」と笑った。
 入場無料。十三日の投票時間は午前十時〜午後八時。ご当地キャラクターショーやキッズダンスなどもある。
 今年九回目のイナズマロックフェスは、草津市の烏丸半島で九月十六、十七日に開かれる。

 (成田嵩憲)