第99回全国高校野球選手権大会の県代表・大垣日大は、大会6日目の13日、第1試合(午前8時開始予定)で、奈良代表の天理と対戦する。初戦を前に大垣日大の柴田修平主将(3年)と天理の城下力也主将(同)に抱負を語ってもらった。
 −相手の印象は。
 柴田主将 守り勝つチームの印象。打線はつないで点を取りにいっている。
 城下主将 犠打も多く、細かい野球をする印象。
 −どんな戦いを。
 柴田主将 初回の先制点を意識している。流れを相手に渡さない。
 城下主将 長打が出なくても、確実に塁に出て走者をかえす。
 −初戦が六日目になったことについて。
 柴田主将 コンディションを整える時間がもらえてよかった。
 城下主将 早く試合をしたいという気持ちはもちろんあるが、準備する時間が増えたのは良かった。
 −対戦への意気込みを。
 柴田主将 決勝だと思って試合に臨む。自信を持って自分たちの野球をする。
 城下主将 練習量では負けていない。今までやってきたことを出し切れば、勝ちにつながる。
 (長永みづき)