絵本のパネルや原画の展示でムーミンの世界を楽しめる「ムーミン絵本の世界展」(中日新聞社主催)が二十一日まで、名古屋・栄の名古屋三越栄店で開催されている。
 ムーミンは、フィンランドの芸術家トーベ・ヤンソンが生んだキャラクター。現在はリーナ&サミ・カーラ夫妻が、ヤンソンの世界観を引き継いで絵本を描いている。
 この展覧会では、カーラ夫妻の絵本の原画約八十点を中心に展示されている。修正跡が見える下絵や、夫妻が参考にしたと思われるヤンソンの作品が並ぶほか、夫妻による制作の工程の映像も公開されている。
 また、ヤンソンの絵のパネル展示もあり、夫妻との色づかいの違いも比較できる。
 入場料は一般・大学生五百円、中学・高校生三百円。小学生以下無料。

 (渡辺雄紀)