四十歳未満の幅広い層を対象に子育てや不登校、就労などの相談に対応する「こども若者総合相談支援センター(ココエール)」が十一日、豊橋市松葉町にオープンした。市役所内のこども若者総合相談支援センターと、青少年センター内の子ども・若者総合相談窓口を集約し、旧文化財センター一階に移転した。土日も相談を受け付け、支援体制を強化する。
 子どもや若者に関する相談は増加傾向にあり、関係機関で情報を共有する狙い。「どこへ相談に行けば良いか分からない」という声にも応えた。
 「こども未来館ここにこ」の隣で、松葉町三丁目を子育て拠点として位置付ける。愛称は「子どもや若者にココからエールを送る」という意味を込めた。
 相談員は、保健師や臨床心理士などの専門職を含む十四人。引き続きNPO法人東三河セーフティネットにも委託する。三部屋の相談室で直接相談に乗ったり、児童相談所や保健所、民間の支援団体などの適切な機関につないだりと、官民で連携して対応に当たる。
 平日は午前九時〜午後七時。日曜日も午前九時〜午後五時に開館する。土曜は午前九時半〜午後五時、ここにこの子育てプラザで受け付ける。祝日と年末年始は休館。
 電話での相談は総合受付=0532(54)7830=で対応する。県内からかけられる子ども専用の無料電話=0800(200)7832=もある。
 十一日の開所式で、佐原光一市長は「社会の変化で家族や子どもが孤立する中、どこでも良いから飛び込める場所をつくった。『生きるのが難しいな』と思ったら足を運んでほしい」と呼び掛けた。
 (高橋雪花)