二十三日に営業運転が始まったJR中央線の特急「スーパーあずさ」の新型車両。JR松本駅では、鉄道ファンらが新型車両の外観を撮影したり、乗り込んだ乗客が車内を歩き回って写真に収めたりする姿が見られた。
 松本駅では午前六時半から出発式があり、松本市が舞台の映画「orange」に出演した女優清水くるみさんと菅谷昭松本市長が一日駅長に委嘱された。二人が北島喜美雄駅長とともに出発の合図として右手を挙げると、新型車両は東京に向けて滑らかに走り出した。
 菅谷市長はあいさつで「松本などの魅力を感じてもらえるよう新型車両の利用に寄与したい」と述べた。
 この日は八便で新型車両が運行され、松本、新宿両駅それぞれの第一便など計三便で指定席とグリーン席はほぼ満席となった。
 午前四時に飯田市の自宅を出て、父と一緒に出発式に訪れた飯田西中三年の田口佳拓(よしひろ)さん(15)は「車体が色鮮やかでいい感じだった。早く乗ってみたい」と話していた。

 (川添智史)