草津市下物町の県立琵琶湖博物館にあるトンネル水槽に二十四日、サンタクロースが登場した。クリスマス気分を味わってもらおうと、博物館が二〇一四年から企画している。
 長さ約十メートルの水槽の上部から空気ボンベを背負ったサンタが登場すると、待ち構えていた子どもたちは手を振って迎えた。水槽内を行ったり来たりするサンタとガラス越しに手を合わせたり、写真撮影をしたりして楽しんでいた。
 草津市の保育園児、渡部芽依ちゃん(4つ)は「サンタはかっこよかった。楽しかった」とはにかみながら話した。
 (鈴木啓紀)