第百回全国高校野球選手権記念長野大会は十一日、松本市野球場など四球場で二回戦十二試合があり、第三シードの松本深志などシード勢四校が初戦で姿を消す波乱の展開になった。夏連覇を狙う松商学園や春の県王者佐久長聖などは順当に三回戦進出を決めた。十二日も四球場で二回戦十二試合が行われ、小諸商などBシードの四校が登場する。