俳優佐藤二朗(51)が12日、東京都内で「サントリー『ボトルtoボトル』ペットボトルリサイクル取り組み発表会」に登場した。

 佐藤は資源循環の仕組みを伝えるコンセプトムービーに、自身初のペットボトル役で出演。共演の子役・なぎさちゃんも登壇し、撮影の裏話などトークを展開した。

 佐藤は撮影で、滑り台で逆さまになって挟まるシーンに挑戦するなどコミカルな演技を披露。「いろんな役を今までやってきて、この場では言えないような役もやっているが、ペットボトルを演じて大変だった。51歳で滑り台に挟まるとは思いませんでした」と“難役”を振り返った。

 「生まれ変わっても俳優になりたい」と断言した佐藤だが、最近農業に興味があると明かし「ただ、私は精神年齢8歳の51歳児なので畑仕事とか根気よくできるか不安」とジョークを交えながら語っていた。