女優の吉永小百合(76)主演の映画「いのちの停車場」(成島出監督、5月21日公開)の完成披露試写会が14日、東京都内で開かれた。吉永はじめ、共演の俳優西田敏行(73)、松坂桃李(32)、広瀬すず(22)ら主な出演者と成島監督が出席した。

 金沢市の小さな診療所を舞台に、吉永演じる女医ら在宅医療を通して生に寄り添う医師と、死に向かう患者とその患者の家族のドラマを描いた。

 この日、吉永は金沢の伝統工芸「加賀友禅」の作家、上坂幸栄さんが手掛けたサクラとハナミズキをあしらった春らしい着物で登場。「(俳優同士の)セッションのような現場で撮影をすることができました。今日の日を迎えられたことを感謝しています」と話した。

 西田は診療所の院長役で、松坂は吉永とともに働くことになる医師、広瀬は訪問看護師役。西田は3人を導く役どころだが「吉永さんが私の妻、松坂君は長男、すずちゃんは長女のつもりで演じた。(松坂と広瀬の)ジージではなくお父さん」とユーモラスにあいさつした。西田は吉永の変わらぬ若さを「“時”は人によって不公平がある」と率直に評した。

 南野陽子(53)、小池栄子(40)、みなみらんぼう(76)、泉谷しげる(72)、中山忍(48)、石田ゆり子(51)、田中泯(76)も登壇した。