総合スーパーなどを展開するイオンは14日、100円ショップ業界3位のキャンドゥの株式公開買い付け(TOB)を15日から開始、連結子会社化を目指すと発表した。イオンにはキャンドゥのほか、業界首位のダイソーや2位のセリアなど同業他社が出店していることもあり、それぞれのファンから「テナントに入っているDAISOとSeriaはどうなっちゃうの?」など今後の行方を心配する声が上がっている。

 キャンドゥ側はTOBに賛同を表明。イオンは株式の51%以上を取得して連結子会社とし、キャンドゥの上場を維持するとの報道もある。

 既存の店舗についての発表はないが、ツイッター上では「キャンドゥ」がトレンド入り。「えっ…今(イオンに)入っているダイソーはなくなる可能性???? ダイソーは無くなると困るなーーーーーいやキャンドゥも嬉しいけどさ」「イオン…セリア入ってるやん? 助かってたけど」「キャンドゥは買収されたとしても絶対に(店内の)キャンドゥマーチは流し続けて欲しい」などの声が続々。

 このほか「トレンドにキャンドゥ…見間違えてギャランドゥかとw。(西城)秀樹を思い出した私はもう老害」との声も。