日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ43」(8月22日午後6時30分〜23日午後8時54分)でメインパーソナリティーの1人にも選ばれているアイドルグループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅(27)が、番組内のスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん―残してくれた最後のメッセージ―」(22日午後9時ごろ放送)に主演することが決定した。

 同局で2004年から冠番組「天才!志村どうぶつ園」の園長を務めてきた志村けんさんは、今年3月29日、新型コロナウイルスによる肺炎のため70歳で死去した。24時間テレビでは毎年スペシャルドラマを放送してきたが、今年は志村さん本人の映像とドラマ、そして故人が愛した音楽を融合したスペシャルヒューマンストーリーとして放送。仕事をともにした人やスタッフたちが16年間で目撃した、志村さんの知られざる素顔に迫る。

 「天才!志村どうぶつ園」を始めるときから、志村さんとずっとともに歩んできたディレクター役を演じる重岡は「お話を頂いた時は、『とにかく頑張るぞ!』という気持ちと、『焦ったらアカン』という気持ちで揺れ動く、大変不思議な感覚になりました」と振り返りながら「志村さんに触れさせていただく中で、『職人』だったり、『責任を背負い仕事を頑張る大人ってどういうことなのか?』を学ぶことができたらうれしいです」とコメントを寄せた。