◇18日 広島5―0中日(マツダ)

 零封負けの中、中日のモイセ・シエラ外野手(32)が走攻守で大ハッスルした。2安打に加え来日初盗塁もマーク。左翼の守備では美技も披露し、「とにかくチームの勝利に貢献する気持ちでプレーしている。一生懸命プレーした結果だと思う」とうなずいた。

 シエラ劇場の幕開けは守りからだった。1回、先頭の宇草が放った左翼後方への打球を背走しながらジャンピングキャッチ。立ち上がりに不安を抱える先発の清水をもり立てた。

 打っては2回に先頭打者で中前打。四球で出塁した4回はエンドランのサインに遠藤のバットが空を切ったが、気迫のヘッドスライディングで二塁を陥れた。6回2死でも中前打を放ち、今季4度目のマルチ安打をマーク。打率も3割1分3厘に上昇させた。

 与田監督が「彼のファイティングスピリット、一つ一つの動きがチームを鼓舞してくれる。彼の存在が雰囲気を良くしているのは間違いない」と評価する外国人。連勝は止まっても、がむしゃらなシエラの勢いは止まらない。