◇8日 中日2―5DeNA(バンテリンドームナゴヤ)

 DeNAのドラフト2位・牧秀悟内野手(22)=中大=が1点を追う6回2死一塁、中日先発・松葉のカーブをたたく。一時逆転となる3号2ランを左翼席へ運んだ。

 「2アウトでしたし、甘いボールが来たら強いスイングをしようと思っていた。がっついていこうと思っていたので、いい形になってよかった」

 開幕から3番に座り、この日の4打数2安打で打率は4割3分1厘。13打点、3本塁打。8度目のマルチ安打で打率、打点でトップに立ったが「まだ(自身の)データがないと思う。シーズン長いので、崩されないようにしたい」と先を見据える。

 チームは粘って9回に3点を奪い、今季初のカード勝ち越し。そのきっかけをつくった牧について、三浦監督は「すごいルーキーです。すごい成長率。もともと持っているものもあるんだろうけど。かなりマークされていたけど、しっかりと狙って仕留めたから」と笑みをこぼし、「粘って勝ち越せた。勝てたんで良かった」と勝利をかみしめた。