◇8日 西武0―4楽天(メットライフドーム)

 前回登板で炎上した無念を晴らした。楽天の先発・滝中瞭太投手(26)が7イニングを1安打、1死球、無失点で今季初勝利を手にした。5回まで1人の走者も出さない完全投球だった。

 1日のロッテ戦では2イニングを持たずに10失点KO。石井監督から「技術やデータも大事だけど、その前に打てるものなら打ってみろ、という気迫あるボールを投げることが大前提」と叱咤(しった)された。滝中は「前回と同じ失敗をしてはいけない。これで最後だと思って、思い切り腕を振ろう」と奮起していた。

 6回、先頭の若林に初めて安打を許し、次打者の岡田には「ランナーを初めて出して投げ急いでしまった」と死球で無死一、二塁。ここで心を落ち着かせるため、打席に迎えた山野辺への初球、得意のカーブを投じた。2球目の直球で一邪飛。続く金子にも初球カーブから直球で二ゴロ併殺に。緩急を自在に操ってピンチをしのぐと、右拳を握り締めた。

 ホンダ鈴鹿からドラフト6位で入団した昨季は、8試合に先発して4度のクオリティースタートをマークするなど、2勝1敗だった。安定感を買われ、豪華先発ローテの最後の1枠を勝ち取った。闘志を前面に出して持ち味を発揮した右腕は、「打者に向かっていけた。そこが一番の収穫」と胸を張った。