◇14日 松山英樹帰国会見

 マスターズで松山が優勝を決めた直後、専属の早藤将太キャディーが18番のピンをカップへ戻した時に帽子を取ってコースへ一礼したことが称賛された。この日のリモート会見で、松山は当日の午後11時くらいに映像を見たことを明かした。「ああ、こんなことしてたんだと思いながら(見た)。いい行動をしたんじゃないかというのはあったし、僕も一緒にできたら良かったなと思う」。次の優勝を決めた時は、2人でコースに一礼するシーンが見られるかもしれない。