中日のジャリエル・ロドリゲス投手(24)が、20日のDeNA戦(横浜)で先発する見込みだ。キューバ代表として臨む東京五輪の米大陸予選前、最後の登板となる。

 13日の阪神戦(甲子園)では7イニング1失点だったカリビアンは「身体の状態はいいと思います。前回、勝つことはできなかったので、次は勝てるようなピッチングをしたい」と気合満点。白星を置き土産に渡米する。