苦難の道のりが「不動心」を育んだ。日本相撲協会は21日、秋場所(9月12日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=の第73代横綱昇進を正式決定した。照ノ富士は伝達式で「不動心」を口上に入れて決意を述べた。新横綱の誕生は2017年初場所後の稀勢の里以来4年ぶり、令和では初。外国出身では7人目、モンゴル出身は5人目。

 ついに上り詰めた。ただゴールではない。口上にも強い意志がこもっていた。協会の使者が東京都江東区の伊勢ケ浜部屋を訪れた伝達式。横綱昇進を伝え聞くと、照ノ富士は「謹んでお受けいたします」と言い、毅然(きぜん)と決意を述べた。

 「不動心を心掛け、横綱の品格、力量の向上に努めます」

 不動心―。伝達式後の会見で「いろいろなことがありましたけど、何事にもぶれない精神を持って、これからも頑張っていきたいという思い」と説明した。

 決して心は折れなかった。膝のケガや内臓疾患などで大関から序二段まで転落した。大関に返り咲いた夏場所で2場所連続優勝を果たすと、迎えた名古屋で14勝1敗の優勝次点。強さをいかんなく発揮し、最高位を引き寄せた。まさに照ノ富士らしい言葉だった。

 入門時から目指していたのは頂点。それは奈落の底へと落ちたときも変わらなかった。必ずはい上がると、人一倍厳しい稽古を続けた。母校・鳥取城北高を訪れた際は、相撲部の後輩達にはいつも「もっと欲を出せ」「なぜもっとやらないんだ」と声をかけた。

 横綱の品格と力量については「横綱という地位は協会の看板を背負っている地位。どういう生き方をすべきか考えて入れました」と話した。過去の誰とも違う、唯一の存在になる。「人のマネをするのではなく、自分がどういう人になるのか」。膝に爆弾を抱えるからこそ、毎日、後悔ないように全力を尽くす。「品格は生き様で証明していきたいと思います」と言葉に力を込めた。

 口上の出来栄えについては「自分の中では満点と思います」と振り返った照ノ富士。「これからも一日にできることを精いっぱいやって、みんなの見本となれるような横綱でいたいと思います」と意気込みを語った。何事にも動じない心を胸に、相撲道を極めていく。