◇23日 秋季高校野球愛知県大会3回戦 中京大中京6―5愛工大名電(熱田)

 今夏の甲子園に出場した愛工大名電が中京大中京との私学4強対決に敗れ、来春センバツ出場が絶望的となった。

 1点リードで迎えた7回に中京大中京の西谷に同点ソロを浴びると、5―5の9回には4番・赤山に犠飛を許して1点を勝ち越された。9回の攻撃では無死二塁と好機をつくったが、中京大中京のエース右腕・山田の前に後続が一ゴロ、見逃し三振、二ゴロに抑えられ、追い付けなかった。

 倉野光生監督(62)は「先制点を取られて追い掛ける展開になってしまった。まだまだ甲子園に行きたいという気持ちが弱いんでしょうね。やり直しです」とレベルアップを誓った。