◇24日 ヤクルト3―0中日(神宮)

 強気の真っ向勝負でチーム打率、得点でセ界トップの最強打線を封じた。森は3点ビハインドの8回から3番手でマウンドに上がり、4番・村上から三振を奪うなど、1イニングを2奪三振を含む無失点と好リリーフを見せた。

 「ランナーを出しましたが、慌てることなく木下さんの要求通り投げることだけを考えました」。先頭・山田に外角の146キロ直球を左前にはじき返された。次打者はこの日本塁打を放っている村上。「バッターどうこうでなく、自分のピッチングをすることに集中しました」。初球から全球直球で攻め、5球目の外角高めで空振り三振に仕留めた。続くオスナ、中村も打ち取った。これで初登板から4戦連続無失点。この間、広島・鈴木誠、DeNA・オースティンと各球団の名だたる4番打者を直球で仕留めてきた。

 与田監督も「投げっぷりも良かったし、中軸に対して臆することなくストライクゾーンで勝負できるところが、すごく頼もしく思いました」と高評価。背番号28の主砲斬りから今後も目が離せない。