サッカー日本代表はドイツ戦から一夜明けた24日、ドーハ市内で練習した。ドイツ戦に先発したDF酒井は左太もも裏側の違和感のため病院で検査を受け、第2戦のコスタリカ戦(27日)出場は微妙となった。途中出場したDF冨安は右太もも裏側の違和感を訴えて練習を欠席した。

 森保監督は練習前に取材に応じ、「(1次リーグ突破の)いろんなシミュレーションをしても、安心できる勝ち点3ではない」と話した。