◇24日 サッカーW杯カタール大会 1次リーグH組 ポルトガル3―2ガーナ(ドーハ)

 ポルトガル(FIFAランキング9位)のエースFWクリスチアーノ・ロナウド(37)が後半20分に自ら獲得したPKを決め、史上初の5大会連続弾。W杯史に刻まれる偉業にツイッターでは「ロナウド」がトレンド入りし、「ロナウドきたぁぁぁぁぁ」「クリロナの『5大会連続ゴール達成した世界最強の無所属の男』カッコ良すぎか?」などと、サッカーファンが沸いた。

 お笑いコンビ「霜降り明星」のせいやは「ロナウド5大会連続―! しかも今無所属のサッカー上手い人!」と即座に投稿。ロナウドは日本時間23日未明に自身のツイッターで、所属していたイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドを双方合意の上で退団することを報告。無所属で出場していただけに、一層の注目を集めた。

 ロナウドは3―1でリードしていた後半43分に交代。その後、相手選手が2点目を決めた直後、自身の得点時の決めポーズを真似られ、まさかの“仕返し”を食らった。ロナウドはベンチから鋭い視線を送り、怒りに満ちた表情で言葉を発した。

 4大会連続得点はロナウドのほか、ペレ(ブラジル)、ゼーラー(西ドイツ)、クローゼ(ドイツ)がマークしていた。