香港・チャンピオンズマイルがいよいよ28日に行われます。日本馬は昨年のオーストラリア・ゴールデンイーグルを制したオオバンブルマイ、昨年のNHKマイルCの覇者シャンパンカラー、そして昨年の毎日王冠を勝ったエルトンバローズの3頭が参戦します。

 今年はゴールデンシックスティのラストレースになりそうなので、1週前の様子を香港記者に聞いたところ、調教は実にいいコンディションとのこと。ただ記者たちの心配は、来週の香港の雨予報です。

 ゴールデンシックスティは道悪を得意としていません。オオバンブルマイは前日まで豪雨だったオーストラリアの馬場に泣いたばかり。シャンパンカラーも前走重馬場で17着。エルトンバローズも中山記念で西村淳騎手が「終始のめっていました」と話したように、渋った馬場は厳しそうです。天気次第では日本馬も苦しい競馬になるかもしれません。

 マイラーズCの予想です。昨年の香港マイルでゴールデンシックスティに差をつけられた2頭がここでの2強となりそうです。本命はソウルラッシュに。昨年の香港マイルもマイルCSもセリフォスには先着。京都マイルへの適性も見せていて、このレースの「阪神でも金、京都でも金」を見せてもらいましょう。

 対抗はセリフォス。折り合いが難しい馬ですが、3番枠でこのメンバーなら上位は間違いなし。3頭目はトランキリテにします。メンバーは強くなりますが、京都巧者&レジェンド武豊騎手との相性は◎。穴は前に行くエエヤン。馬の気持ちが切れてしまった中山記念の不安を、前走ダービー卿CTで払拭。大外でどこまで踏ん張れるかが鍵になりそうです。

 今週も落馬事故が起きています。改めて、人と馬の無事を祈ります。