「第69回羽田盃」(Jpn1・24日・大井競馬場・ダート1800メートル)の枠順が21日、決まった。同レースは昨年まで南関東3歳三冠の1冠目として行われてきたが、ダート競走の体系整備によって今年からJpn1格付けとなりJRA所属馬も含めた全国のダート三冠の1冠目となった。初年度はJRA所属馬が上限の4頭、地方馬が上限の12頭に満たない4頭で、昨年の16頭立てから半数の8頭立てで行われることになった。

 JRA勢は雲取賞を勝ったブルーサン(牡3歳、栗東・川村)が大外8枠8番、雲取賞2着で白毛のアマンテビアンコ(牡3歳、美浦・宮田)は4枠4番、京浜盃2着アンモシエラ(牝3歳、栗東・松永幹)は1枠1番、同3着ハビレ(牡3歳、美浦・武井)は3枠3番に決まった。

 地方馬はすべて南関東勢で、雲取賞5着のフロインフォッサル(牡3歳、船橋・山下之)が5枠5番、京浜盃5着ティントレット(牡3歳、大井・荒山勝)は6枠6番となった。詳細は以下の通り。カッコ内は所属と騎手。

1枠1番 アンモシエラ(栗東・松永幹、横山武)

2枠2番 ムットクルフェ(大井・的場直、山崎誠)

3枠3番 ハビレ(美浦・武井、笹川翼)

4枠4番 アマンテビアンコ(美浦・宮田、川田将)

5枠5番 フロインフォッサル(船橋・山下之、本田重)

6枠6番 ティントレット(大井・荒山勝、森泰斗)

7枠7番 マッシャーブルム(大井・坂井英、矢野貴)

8枠8番 ブルーサン(栗東・川村、和田竜)