© 2020 Disney and its related entities 

現在世界中でサービスを開始しているディズニー系列の動画配信サービスである「Disney+(ディズニープラス)」が、、2020年6月11日より日本でもサービス開始となることが発表されました。

ウォルト・ディズニー・カンパニーのコメント

「アジアパシフィック地域において、ディズニープラスはオーストラリアとニュージーランド、そして最近ではインドでDisney+ Hotstar(ディズニープラス ホットスター)としてサービスを開始し、成功を収めています。そして今回、ディズニープラスの魔法を日本の消費者のみなさまにお届けできるようになること、また、私たちの大切なファンの方々に、ディズニーの心温まる物語と愛されるキャラクターたちを、引き続きお楽しみいただくことをとても嬉しく思います」

アジアパシフィック担当プレジデント:Uday Shankar(ウーデイ・シャンカー)

「この6月、ディズニープラスを日本でサービス開始するということは、人々の気持ちを高揚させ、毎日を豊かにするような最高の物語を創造するというウォルト・ディズニー・カンパニーのコミットメントを象徴するできごとです。私たちにとって日本は、愛情と支持を持って私たちのブランドを大きく育ててきてくださった消費者のみなさまとの深く長い関係があります。そのような場所でディズニープラスを開始できることにとてもわくわくし、そして名誉なことだと思っています。ディズニーの希望や勇気、そして前向きな精神の物語は、いつも日本のファンのみなさまに深い共感を持って迎えていただいてきました。そしてディズニープラスは、このつながりをより強くし、広げていくことでしょう。私たちの長年のパートナーであるNTTドコモとの協業により提供を開始する本サービスは、日本の全ての消費者に、これまでにない最高のエンターテイメント体験をお届けすることになります」。

マネージング・ディレクター(ノース・アジア):Luke Kang(ルーク・カン)

「これまでディズニーデラックスで築いてきたドコモとの協業関係を進化させ、このたびディズニープラスを独占的にドコモのネットワークを通じ、日本にいるファンのみなさまにお届けできることをとても嬉しく思います。ドコモと共に前進しながら、今後も継続的に、このサービスを多くのパートナーと一緒に拡大していくことを楽しみにしています」

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社代表取締役社長:Carol Choi(キャロル・チョイ)

Disney+(ディズニープラス)の概要

・サービス開始日→2020年6月11日

・月額料金→700円(税抜)

・申込方法→ディズニープラスの公式サイト、ドコモショップ、My docomoなど(※dアカウントの発行は必要だが、ドコモユーザーである必要はなし)

・作品ラインアップ→定番作品に留まらない豪華なラインナップ(トイ・ストーリー4、ライオン・キング、アベンジャーズ/エンドゲームから、実写版「わんわん物語」、スター・ウォーズ実写ドラマシリーズ「マンダロリアン」、「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル」、ディズニーのテーマパークで、企画開発を担当している部署の舞台裏を描いたドキュメンタリー・シリーズ「イマジニアリング〜夢を形にする人々」など)

ディズニーデラックスはどうなる?

既にウォルト・ディズニー・ジャパンとドコモの協業でサービスを開始している「ディズニーデラックス」についてですが、実質統合となります。

ディズニーデラックスのユーザーは特段の手続き無しで「>Disney+(ディズニープラス)」へ移行されます。料金の変更等もありません。

変わる点は、ラインナップが拡充されるということ。そしてインターフェース(見た目)となります。インターフェースは、米国版をベースとしつつも若干異なるとされています。

スマートフォン、タブレット、PC、Fire TV、Apple TV、Chromecastでの使用は可能ですが、PS4への対応予定は現状無いとのことです。

ディズニーデラックス会員の方であれば、サービス開始後、ご契約の変更をすることなく、すぐにディズニープラスをお楽しみいただけます。 サービス移行に伴い、月額料金の変更や追加料金は発生いたしません。サービス開始までそのままでお待ちください。ディズニーデラックス公式サイトより

配信内容はアメリカと同じか否か

今回開始となる日本版のコンテンツはアメリカと基本的には同じとされています。

しかし、サービス開始時ではいくつかの作品が日本版では視聴できないとのこと。理由は新型コロナウイルスの影響で日本語版の制作に遅延が生じているため。これに関しては致し方ないというところでしょう。

また、画質はアメリカ版と異なり、Full HD(1920×1080)、音声2chまで。将来的にアメリカ版と同じく4K・HDR画質、5.1ch音声の提供が検討されており、こちらも待望されます。

シネマズPLUSでは、編集長ヤギシタのYouTubeチャンネルと合わせて、サービスリリース後に改めて情報展開を行ってまいります。

(文:ヤギシタシュウヘイ)