映画音楽の巨匠であるイタリアの作曲家、エンニオ・モリコーネが死去したと現地メディアが報じた。享年91歳。

先週に起きた落下事故で大腿骨を骨折し、その影響と合併症でローマ市内の病院で亡くなったという。

エンリオ・モリコーネは映画音楽のキャリアが実に50年以上。映画とテレビ作品合わせて500作以上の作曲を手掛けてきた。

『アンタッチャブル』ではグラミー賞を受賞。『ニュー・シネマ・パラダイス』では世界中に多くのファンを生んだ。

2007年の第79回アカデミー賞では名誉賞を受賞。その後、第88回アカデミー賞では、クエンティン・タランティーノ監督作品『ヘイトフル・エイト』で作曲賞を受賞している。

エンニオ・モリコーネの公式YouTubeには再生回数2000万を超える「Ennio Morricone – The Best of Ennio Morricone – Greatest Hits (HD Audio)」という動画がある。

この動画には、すでに多くの映画ファンが追悼コメントを寄せている。今宵はこの音楽で、映画音楽の巨匠の冥福をぜひ祈りたい。

(文:シネマズPLUS編集部)