©西森博之/小学館 ©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

2018年秋に放映された大ヒットドラマ『今日から俺は!!』が、待望の『今日から俺は!!劇場版』として映画化。

監督・脚本の福田雄一も変わらず、賀来賢人、伊藤健太郎、清野菜名、橋本環奈、仲野太賀らメインキャストも続投。さらに柳楽優弥、栄信、松本舞香が劇場版で加わり、結果としてドラマシリーズの緩急と映画ならではスケール感を併せ持った作品に仕上がりました。

今回は、そんな『今日から俺は!!劇場版』の魅力に迫りたいと思います。

魅力1:パワーアップしたメインキャストが再結集

まずは、すっかり売れっ子になったドラマ『今日から俺は!!』のメインキャストが(当然と言えば当然ですが)再結集したことが嬉しいですね。

©西森博之/小学館 ©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

若手演技派、若き名バイプレイヤーと言った立ち位置にいた賀来賢人はドラマ『今日から俺は!!』でとにかく強くてヒキョーな三橋を演じて以降、すっかり主演級の俳優となりドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』、映画『AI崩壊』など話題作への出演が続いています。間もなく放映開始の『半沢直樹』新シリーズにも出演が決まっています。

©西森博之/小学館 ©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

本作で本名と同じ“伊藤”という名字の役に出会ったことに運命を感じ、芸名を健太郎から伊藤健太郎にしたという程影響を受けた伊藤健太郎。ドラマ『今日俺』以降、映画『惡の華』など強烈な印象を残す作品に出演。今年2020年も『のぼる小寺さん』『弱虫ペダル』など5本の映画が並んでいます。リメイク版『東京ラブストーリー』も話題になりましたね。

©西森博之/小学館 ©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

ヒロインの理子を演じる清野菜名も『今日俺』の後に出演した『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』や劇団☆新感線の舞台などですっかりアクションも出来る若手女優としてすっかり定着した感があります。

©西森博之/小学館 ©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

もう一方のヒロイン京子役の橋本環奈も2019年には『十二人の死にたい子どもたち』や『キングダム』など4作品、2020年も5本の映画が待機中と同年代でも屈指の主演級女優となっています。

©西森博之/小学館 ©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

さらに脇の仲野太賀(ドラマの頃は大賀の芸名)も大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に出演するなどステップアップ。

日本テレビ系ドラマ「親バカ青春白書」より 

©ntv 

福田監督作品のレギュラームロツヨシも主役級のドラマ『大恋愛』がヒットし、永野芽郁、新垣結衣と共演の主演ドラマ『親バカ青春白書』も待機中です。

結果として、『今日から俺は!!劇場版』ではドラマ放映から1年以上が経ち、一回りも二回りもパワーアップしたメイン俳優が全力でバカ騒ぎをしてくれるお祭り映画に仕上がっています。

魅力2:健在の福田組俳優

人気監督、舞台演出家には○○組というべき常連俳優が存在しています。

『今日から俺は!!劇場版』の福田雄一監督にも作品にほぼレギュラーで出演している常連組「福田組」と言える俳優が揃っています。

頼りない担任教師役のムロツヨシやヒロインの父親役の佐藤二朗などは福田監督の映画監督デビュー作『大洗に星はふるなり』からほぼレギュラー状態です。

『今日から俺は!!劇場版』主演の賀来賢人やWヒロインの一角・橋本環奈なども実は福田組常連で『斉木楠雄のΨ難』や、福田監督の最新作『新解釈・三圀志』(ムロツヨシ、佐藤二朗も出演)でも共演しています。

賀来賢人は『ヲタクに恋は難しい』でもアイドルオタク役で出演していますし、橋本環奈は『銀魂』の神楽役でもお馴染みですね。

『大洗・・・』に主演した山田孝之や『銀魂』の小栗旬も『ス―パーサラリーマン左江内氏』の堤真一も『今日から俺は!!』のドラマ版にカメオ出演していますね。

『今日俺』では川崎明美役で出演している元乃木坂46の若月佑美も舞台『スマートモテリーマン講座』『ヲタクに恋は難しい』など福田組の常連になりつつありますね。

福田監督作品は差し込まれる小ネタ・ギャグとメインストーリーのメリハリが肝ですが、福田組俳優がこのギャグパートを確実に抑えてくれるので安心感があります。

このパートではアドリブも多いという話ですが、福田組俳優と福田監督との信頼関係があってのことでしょう。

結果として、『今日から俺は!!劇場版』はスケールが大きくなる一方で、変わらない福田組のユルさも変わらず堪能できる作品に仕上がっています。

魅力3:大型企画をこなせるようになった福田監督の手腕

テレビ東京が実施したコロナ渦の中で再放送リクエスト投票で1位を獲得した『勇者ヨシヒコ』シリーズに代表されるように福田監督は“深夜ドラマ界の帝王と呼ばれてきました。

転機となったのはやはり2017年、2018年それぞれの夏に連続公開され大ヒットした『銀魂』シリーズでしょう。

少年ジャンプの大ヒットコミックを小栗旬主演、共演に菅田将暉、橋本環奈、中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮、岡田将生、堂本剛といった豪華キャストで正面から映画化。

福田組のユルさメタ的なギャグを多数盛り込みながらも大型娯楽作品に仕上げて、その年を代表する大ヒット作となりました。

大掛かりな企画だった『銀魂』を創り上げたこと、そして2作続けて大ヒットさせたことは福田監督の中で決して小さなものではなかったと思います。

『ヲタクに恋は難しい』をミュージカルコメディに仕上げるという冒険ができたのもこの『銀魂』の成功は大きいでしょう。

福田監督は、作品の本質と相性の良いジャンルを見極めるというスタンスはもともと変わっていないと思いますが、それを大規模で、豪華キャストで押し切れるだけの説得力のある実績を得たことで創作の幅はさらに広がったと言えるでしょう。

結果として、大型企画をこなす場数を踏んだ福田監督の手腕によって『今日から俺は!!劇場版』はエンタテインメント大作に仕上がっています。

福田監督は早くも次回作、大泉洋主演『新解釈・三国志』が公開待機中です。2020年内公開予定の本作ではなんとあの三國志の映像化に挑んでいます。『銀魂』『今日から俺は!!劇場版』の大掛かり画作りの上達を見ると俄然、興味が湧きます。

魅力4:ヤンキー映画プラスαの魅力

『クローズZERO』シリーズや『HIGH&LOW』シリーズのようにヤンキー&バトルジャンルの作品は一定のニーズがあって、公開されるたびにヒットを記録するものも少なくありません。法令遵守という点で見れば、はなはだ問題のある事柄ばかりの物語ばかりですが、現実的になかなかそういう存在が見れないこともあって、ある種のファンタジーとして多くの人に受け入れられています。『今日から俺は!!劇場版』もそんな流れの系譜の一作といえるでしょう(原作の順序から言えば、『今日俺』の方がオリジナルとも言えるのですが)。

©西森博之/小学館 ©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

その一方でどうしようもないヒキョーモノの三橋が主人公というのがこれまでの作品に比べて『今日俺』にしかないところでしょう。正面からやりあっても大抵の相手には勝てる三橋ですが、勝つためには何でもする自他ともに認めるヒキョーモノです。

ただ、ルールや決まり事(時には法律も)を破りながらもモラルというか、人間として必要最低限な部分は破らない三橋というキャラクターにはまる人が増えています。

『コンフィデンスマンJP』シリーズの傍若無人な天才詐欺師ダー子(長澤まさみ)にも通じる部分があると思いますが、守るところ守る、絶対に譲れない一線を持っているキャラクターは上手くはまると大きな支持を得ることがありますね。

©西森博之/小学館 ©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

また、悪魔呼ばわりされるほどヒキョーモノのヤンキー高校生の三橋(30歳を過ぎで)演じる賀来賢人三橋と対照的な頑固者の伊藤役の伊藤健太郎のバディ感も『今日俺』の魅力の一つでしょう。

ライバル高校・開久の2TOP鈴木伸之演じる智司と磯村勇斗演じる相良猛、腐れ縁の紅校の今井(仲野太賀)と谷川(矢本悠馬)のコンビ、そして、劇場版の悪役の北根壊高校の柳(柳楽優弥)と大嶽(栄信)などなどメインキャラがパターンの違うバディが登場します。

ヤンキー映画の定石を踏まえつつ、原作のエッセンスと福田監督の独特のアレンジを得た『今日から俺は!!劇場版』は結果として、お馴染みの安定とオリジナルの変化球が同居した、プラスαの要素がたっぷりのヤンキー&バトル映画に仕上がっています。

魅力5:圧巻のクライマックスを盛り上げる史上最凶の悪役・柳楽優弥の怪演

©西森博之/小学館 ©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

柳楽優弥は既に別の役で一度ドラマシリーズの方に出演しているのですが、今回改めて最凶の敵・北根壊の2TOPの一人・柳を怪演しています。

いざとなれば躊躇なく相手にナイフを突き立てる凶悪さと、自分より弱い相手をなんと思わず利用する狡猾さを併せ持ったキャラクターで、福田監督たっての希望で柳楽優弥がキャスティングされました。

隣に並ぶ栄信演じる大嶽が寡黙なキャラクターということもあって、嬉々として悪に身を染める柳はより一層引き立ちます。

映画『今日から俺は!!劇場版』の半分以上は柳の暗躍のエピソードに割かれています。ある意味ゲスト主役でもある柳を柳楽優弥が抜群のいやらしさ前回で演じていいて、映画を見る側のイライラを一手に引き受けるとともに最高潮まで盛り上げます。

このやりすぎな程の盛り上げがあるからこそ、開久を離れていた智司と相良の帰還➡そして三橋・伊藤との共闘➡北根壊との正面からぶつかり合う総力戦というクライマックスで得られる解放感は格別です。

『銀魂』シリーズの経験もあるのでしょう、福田監督は一対一、一対多数、多数対多数のアクションの描き方がさらに巧みになっています。

もちろん、賀来賢人、清野菜名などのメインキャストなどが動けることすっかりお馴染みになっていますし、鈴木伸之は『HIGH&LOW』シリーズ、磯村勇斗は仮面ライダーシリーズの経験もあります。

柳楽優弥も『銀魂』などで殺陣の巧さは知られていますし、松本舞香も『東京喰種S』で見事なアクションを披露しています。開久の智司、そして伊藤とド迫力のバトルを見せる大嶽役の栄信は琉球空手の有段者でもあります。

結果として、アクションができるメインキャストにアクションを巧みに撮れるようになった福田監督とスタッフの手腕が加わったことで結果として『今日から俺は‼』で、圧巻のクライマックスシーンが出来上がりました。

©西森博之/小学館 ©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

2017年、2018年のそれぞれの夏に『銀魂』を投入して、日本の夏を盛り上げた福田監督が2年ぶりに『今日から俺!!劇場版』を持って日本の夏に還ってきました。

新型コロナウィルスの感染拡大によって多くの制限がありますが、そんな不便を一時見事に振り切ってくれる。『今日から俺は‼劇場版』はまさにそんな映画なっています。

(文:村松健太郎)