劇場版「田園ボーイズ」|2020年9月4日(金)公開

特報

2020年1月クールに全国11局で放送された連続テレビドラマの劇場版「田園ボーイズ」の公開日と主題歌が決定し、特報とキービジュアルが解禁された。

本作は、有澤樟太郎が主演のシンジを務める。共演には伊万里有がカタオカ役、田中尚輝がヤスオ役など、2.5次元の舞台を中心に活躍する若手俳優が集結。そして、松浦祐也がジロウ役を演じ、若手俳優3人の精神的な支柱となり撮影現場を盛り上げた。

また、特報解禁に合わせて他キャストも解禁。イケメン4人衆を脇から支えるのは、木下ほうか、藤吉久美子、三津谷葉子などドラマ版からの続投となる演技派揃いのベテラン陣。そして、劇場版からの参加となるのは、遊井亮子、山谷花純、尾関高文(ザ・ギース)、池田良など実力派俳優が揃った。

そして、主題歌は俳優・ミュージシャンとして活躍する藤田玲がRayとして率いるバンド・“DUSTZ”の『Trigger』に決定した。

コメント

藤田玲(DUSTZ・Ray)

今回の劇場版【田園ボーイズ】の主題歌「Trigger」は「引き金」という意味。ドラマ版とは全く違った、最後に向けての疾走感、それを感じて作曲、そして敢えて英語で歌詞を書かせて頂きました。彼らの物語、何がtriggerになって、何を手に入れたのか。この作品から受け取りながら是非聴いていただけたら嬉しいです。

ストーリー

青々しい田園風景のド真ん中にホストクラブ【田園】がオープンした。オープンさせたのは、場末のガソスタ店員のシンジ(有澤樟太郎)、町役場の公務員ヤスオ(田中尚輝)、農家の息子ジロウ(松浦祐也)が、どこか胡散臭い自称“歌舞伎町NO.1ホスト”の先輩・カタオカ(伊万里有)のイケてないイケメン四人組。開店はしたもの、お客のほとんどは近所のおばちゃんたちでお茶と漬物を持参する始末。。ほとほと困り果てあてた4人は、営業スタイルを見直し、閑散とした駅前で街宣カーを使いビラ配りしたり、出張ホストサービスを盛り込む事に。それが功を奏してか、新規顧客が飛び込みで来店。そのアカリ(山谷花純)という若い女性客は、シンジをすぐに気に入って永久指名に。一方で、【田園】の近くで映画の撮影がありエキストラを募集。店の宣伝になるとメンバー全員でオーディションに参加。見事出演を射止めたシンジとジロウは意気揚々。撮影後その映画のヒロイン女優・ミソノ(遊井亮子)が【田園】に遊びにきて、なんとジロウをご指名に。ミソノが【田園】の写真をSNSに上げた事で一躍有名となり、店内が活況を呈する事に。お店が潤い始めるが、常連となっていたアカリが借金してまで通っている事を知り、このままでよいのか苦悩を抱えるシンジ。そして、それがホストの仕事だというカタオカとで二人が衝突。不穏な空気が漂う【田園】だったが、メンバー全員誰しもが想像も出来ない事実が発覚して。。

作品情報

有澤樟太郎 伊万里有 田中尚輝 松浦祐也三津谷葉子 遊井亮子 山谷花純 尾関高文(ザ・ギース) 池田良藤吉久美子 木下ほうか主題歌:「Trigger」DUSTZ(DOLCESTAR RECORDS)監督:西海 謙一郎 脚本:池浦さだ夢(男肉 du Soleil) 企画・配給:AMGエンタテインメント制作プロダクション:ラインバック 制作協力:ドルチェスター 企画協力:ヨーロッパ企画製作:「田園ボーイズ」製作委員会 (C)2020「田園ボーイズ」製作委員会URL:http://denenboys.com/Twitter:@denenboys

⇒他の記事も読む