©「Daughters」製作委員会 

女性同士の友情とは、男性同士のそれとはやはり何かが違うものなのでしょうか?

性別の違いを今更持ち出すこと自体がださく思われるかなと恐縮しつつ、それでもやはり友情を構成する要素に男女の別などはまったく関係ないところもある一方、大いに関係しているところもあるのではないかと、漠然と思うことが時折あります。

そんな中、こういった作品を鑑賞すると、どことなく男同士の関係性とは異なる、すがすがしくも奥深く麗しい女同士ならではの関係性を勝手に見い出したりもしてしまいます……

《キネマニア共和国〜レインボー通りの映画街503》

三吉彩花&阿部純子主演、津田肇監督作品『Daughters』。

ここに登場するふたりの友情の絆の中に男が入り込むのは至難のわざかもしれません(いや、無理に入り込む必要などないのでしょう)。

何はともあれ、ささやかながらも小宇宙のように素敵な世界を醸し出しているふたりの関係性を、ちょっと覗いてみましょう!

シングルマザーになることを決めた女そんな彼女を見守り続ける女

©「Daughters」製作委員会 

『Dauthers』の主人公となる二人の若い女性の、4月からおよそ10か月の時の流れの中で巻き起こるさまざまな友情と確執を描いていきます。

堤小春(三吉彩花)と清川彩乃(安部純子)は、東京の中目黒でルームシェア生活を送る友人同士です。

5月。小春は彩乃から突然の妊娠報告を受けます。

綾乃は既にシングルマザーとして子供を産む決意を固めています。

今の生活を続けながら子育てすることは、果たして可能なものなのか? と、小春は反対します。

しかし、綾乃に連れ添って赴いた産婦人科で胎児の映像を目の当たりにした小春は、綾乃と生まれてくる子供のことを支えてあげようと心に誓うのでした。

やがて夏、秋と月日は流れていき、綾乃の身体は確実に変化していき、同時に小春と綾乃の関係性にも微妙な変化をもたらしていきます。

心身ともに不安定になっていくのを隠せない綾乃。

そんな彼女に苛立ちを隠せないときもある小春。

しかし、それでもふたりの友情の絆は変わることなく……。

同居人で友人であるがゆえの心の葛藤

©「Daughters」製作委員会 

このように本作はシングルマザーとしての妊娠&出産という、今の若い女性なら誰もが想像したことがあるのではないかと思われるモチーフを基に、およそ10か月という時の移り行きの中でも変わることのない友情の絆を、クールながらも温かみのある映像センスで描いていきます。

監督はファッションイベント演出家として活躍する映像作家・津田肇。

これみよがしではなく、さりげなくも透明感あふれる映像センスの数々が、ふたりの女性へのエールを確実に送り得ており、見ていくうちにどんどん好感度を増していく効果をもたらしてくれています。

全体的には小春が綾乃を見据え続けていく視線の構図が採られていますが、同居人で友人という関係性ゆえに第三者になりきれるはずもない小春の葛藤には、よりシンパシーを感じられてなりません。

このところ『ダンスウイズミー』『犬鳴村』と快調に主演作が連打されている三吉彩花にとって、この小品佳作は彼女に大きなステップアップをもたらしてくれているようにも思えてならないほどの好演です。

対する綾乃役の阿部純子は『孤狼の血』や『ソローキンの見た桜』などで注目の若手実力派ですが、今回も妊娠から出産といった歩みの中での心理的葛藤の数々を、見る者の共感を得られるような好ましいオーラを一貫させながら演じ切っています。

一見淡々と、それこそ中目黒の川の流れのように緩やかに、しかしその中には確実に人生のさまざまな想いを忍ばせながら、時にハラハラさせながらも最終的に見終えてすがすがしい気持ちにさせてくれる作品です。

女性はもちろんのこと、男性にもぜひ見ていただきたい作品です。(というか、男性はこれを見て反省しきりの人も多いのでは?)

(文:増當竜也)