サイコスリラー映画「ソウ」シリーズの新章となる、映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』の日本公開が2017年11月に決定した。

「ソウ」シリーズの新章、日本公開が11月に決定

ジグソウ:ソウ・レガシー 場面Photo credit: Brooke Palmer

街であがったいくつかの死体。特徴的なその死に様は、ひとりの人物像を捜査に浮上させた。ジョン・クレイマー。だが、「ジグソウ」の名で知られた凄惨なゲームの支配者である彼は、十数年前にこの世を去った。彼を崇拝する何者かが、しかも捜査に関わる人物が、彼の後継者となったのか?それとも――

ジグソウ:ソウ・レガシー ロゴ

映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』は、2004年の第1作以降、2010年の『ソウ ザ・ファイナル3D』まで毎年ハロウィンに新作が公開され、人気を博してきたソリッド・シチュエーション・スリラー作品の新章となる作品。究極の状況設定=ソリッド・シチュエーション、被害者に仕掛けられる戦慄のゲーム、驚愕のクライマックスが特徴の本シリーズは、公開までストーリーが断片的にしか明かされないことでも知られ、新章となる本作でも情報が断片的にしか出ていない。

本作で監督をつとめるのは、『デイブレイカー』『プレデスティネーション』などで知られる双子兄弟、マイケル・スピエリッグとピーター・スピエリッグのスピエリッグ兄弟。脚本は『ピラニア3D』のジョシュ・ストールバーグとピーター・ゴールドフィンガーのコンビが手がける。

本国のアメリカではハロウィン直前の10月27日に公開されるが、このたび日本での公開が、11月10日に決定した。

スピエリッグ兄弟は「(過去シリーズでジグソウを演じた)トビン・ベルのDNAは作品全体に感じられるはず。ハロウィンの“恐宴”にはぴったりな映画だ。すごくワイルドなトラップがたくさんあって、楽しい“血”もある。もちろん、素晴らしいミステリーと最高のツイストもね。まさに2017年の“ソウ”なんだ」と自信に溢れたコメントを寄せている。

映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』は、2017年11月10日(金)より全国ロードショー。