ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初めてタッグを組んだ映画『THE BOSS BABY(原題)』が、2018年春に日本公開されることが決定した。

ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初タッグ

パパとママ、7歳のティムの3人家族の元にやってきたのは、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん“ボス・ベイビー”。弟として迎えいれられた彼は普通じゃない。見た目は赤ちゃん、知能は大人だったのだ。最初は反発しあっていたティムとボス・ベイビーだったが、やがて世界を揺るがす巨大な陰謀に挑むことに――

THE BOSS BABY(原題)

映画『THE BOSS BABY(原題)』は、ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初めてタッグを組む最新作で、既に公開となっているアメリカでは、『美女と野獣』を抑え、初登場第1位から2週連続1位を獲得、さらに全世界での興行収入は、現時点で約558億円※を突破している話題作だ。※2017.07.18付けBoxOfficeMojo調べ

全米ベストセラーとなったマーラ・フレイジーによる絵本「あかちゃん社長がやってきた」にインスパイアされたアニメーション映画である本作は、『マダガスカル』シリーズのトム・マクグラス監督がメガホンをとる。そして、ボス・ベイビーの声を演じるのは、トランプ大統領の物まねで話題のアレック・ボールドウィン。赤ちゃんなのに声は大人というギャップが笑いを誘う、ユーモア溢れる演技を披露しています。

このたび到着した超特報映像では、喃語を喋る可愛らしい赤ちゃんの姿が映し出されるが、それも束の間、突然こちらを振り向き、渋い顔と声で「お前ら今 思っただろう」と話しかけてくる。続けて、自問自答が始まり、おむつ論を熱く語ったかと思えば、最後に「ボスはオレ!」と宣言する、強烈な映像となっている。

映画『THE BOSS BABY(原題)』は2018年春、日本公開。

(C)2016 Dreamworks Animation LLC. All Rights Reserved.