(C)2017 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

ミニオンがスクリーンに帰ってきた!2017年7月21日に公開された『怪盗グルーのミニオン大脱走』を観てきましたー!

グルーに実は兄弟がいた!?さらにはミニオンはグルーと決別!?

まずはあらすじをご紹介したいと思います。

子役として人気を博していたバルタザール、過去には大人気の彼は今では人気がなくなりぐれてしまい、怪盗として活躍していた。そんなバルタザールを捕まえようとする元怪盗のグルーと妻のルーシーだったが、すんでのところで逃してしまい、半悪党同盟を解雇されてしまう。

そんな時、グルーに生き別れの双子の兄弟・ドルーがいることがわかる。父親は凄腕の怪盗でもあり、莫大な遺産を残していた。ドルーはそんな父親のように怪盗になることを夢見ていた。グルーは怪盗にはもう戻らないと誘いを断るが、バルタザールを捕まえれば、反悪党同盟に戻れると思い、ドルーと一緒にバルタザールの元へ向かう。

その一方でグルーが怪盗には戻らないと話を聞いたミニオンたちはグルーの元を離れてしまうが…

⇒予告編

怪盗グルーのミニオン大脱走 サブ

(C)2017 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

子供の間でも大人気のミニオンシリーズ!

よくわからない黄色い変な生き物がはちゃめちゃなことをしている…!?そういうイメージがある人もいるのではないでしょうか。

怪盗グルーのミニオン大脱走 サブ

(C)2017 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

実は僕もそんなミニオン初心者の1人でした。ストーリーは前作までの設定を引き継いでいるのですが、観なくても十分楽しめました!

さて、そんな初心者の自分が面白かったところをご紹介したいと思います!

グルーとドルーの兄弟の絆、ルーシーと子供たちとの家族の絆を観てほしい!

今作では

1:グルーと生き別れの兄弟のドルー、

2:新米ママのルーシーとマーゴ、イディス、アグネスの3人の子供たち

3:ミニオンたち

大きく3つの話に分かれています。

より具体的に説明しますと、

1:グルーはドルーと一緒に今作の敵であるバルタザールの盗んだ巨大ダイヤモンドを取り戻しに。

2:新米ママであるルーシーは3人の子供たちのママになりたい、と奮闘。

3:そしてミニオンは最強最悪のボスを探す旅に出かける。

それぞれ別の話が並行して進みますが、最後は1つの話につながります。

注目してほしいのはグルーとドルーの兄弟の絆。

怪盗グルーのミニオン大脱走 サブ

(C)2017 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

ドルーは父親からの遺産を相続して、超お金持ち!そしてその一方で怪盗を夢見ています。しかし、何をしてもうまくいかないし、グルーの手助けをするつもりが邪魔ばかりしてしまう。

そんな2人の関係が最初はうまくいかない関係から最後は最高のコンビ(?)と言っても過言ではないレベルにまでになります。2人のうまくいっていない時を含めてのコンビネーションを笑いながら観てほしいと思います。

また、ルーシーと子供たちの関係性も観てほしいです。最初は全然頼りないルーシー。ドルーと同様に(!?)最初は子供たちのしつけや母親らしいことはできずに、がんばろうとすると空回り。でも、ここぞという時にルーシーは助けてくれたり、母親らしさが出てきます。

今作は兄弟や家族の絆が中心に描かれている作品だったと思うので、家族で楽しめる作品になっていると思います。

ミニオンは意味不明(笑)!めちゃくちゃすぎる!!面白すぎる!!!

今作のタイトルにもある「大脱走」という文字。この脱走のシーンはミニオンのはちゃめちゃなところが存分に詰め込まれていたところでした!

(C)2017 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

まず、ミニオンが刑務所では他の受刑者から恐れられている存在という点が面白すぎる!ミニオンのご機嫌を伺ったり、ミニオンにいたずらされないように縮こまったり…と他の受刑者とは全然違う暮らしは笑ってしまいます。

そして、ミニオンたちは刑務所から脱走するのですが、もちろん脱走の仕方も誰も予想しないやり方で逃げだそうとします。

「そんなやり方で逃げるの?すげー!」と言ってしまうこと間違いなしの脱走劇をぜひ観てほしいです!

もちろん、刑務所以外のシーンでもめちゃくちゃ!!もう全てが面白い!!なぜかDJでフロアを沸かせたり、道を尋ねている人に対して意地悪したり、なぜかオーディション番組に出演したり。

家族や兄弟の絆を描く反面、ミニオンのめちゃくちゃなところでは笑ってしまいます。

ミニオンの大脱走ぶりとはちゃめちゃなシーンをぜひ映画館で楽しんで欲しいです!

(文:澤田孝志)