同名人気コミックを、主演・松坂桃李、ヒロイン・沢尻エリカで実写映画化する『不能犯』の追加キャスト情報が解禁となり、新田真剣佑、間宮祥太朗、真野恵里菜、安田顕らの出演が明らかとなった。

映画『不能犯』追加キャスト発表

都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男の姿が目撃されていた。その男の名は宇相吹正(松坂桃李)、彼こそがSNSで噂の「電話ボックスの男」だった。とある電話ボックスに、殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると、必ず引き受けてくれるというのだ。ターゲットは確実に死に至るのだが、その死因は病死や自殺に事故──そう、宇相吹の犯行は、すべて【不能犯】だった。今日も、愛と欲望、嫉妬と憎しみを抱えた依頼人がやって来る――

映画『不能犯』は、「グランドジャンプ」で連載中の宮月新原作、神崎裕也画の同名コミックを実写映画化するサスペンス・エンタテインメント作品。人の心を操り実証不可能な犯罪を犯す“不能犯”の手口とその壮大な目的を描く。

赤く光る妖しい瞳から放つ不気味な能力で、人の心を操る男、主人公の宇相吹正を松坂桃李が演じ、宇相と対決するヒロイン・多田友子役を沢尻エリカが演じる。メガホンを取るのは『貞子vs伽椰子』の白石晃士監督。

このたび本作の追加キャストが発表となった。

不能犯 キャスト

新人刑事・麻雄役を演じるのは新田真剣佑。正義感溢れる生真面目な刑事なのに、沢尻エリカ扮する上司になかなか名前で呼んでもらえない新人を演じる。そして、少年院上がりで、沢尻エリカ扮する多田刑事のサポートを受けて更生し、今では多田に紹介された店で料理人として働くイケメンの元不良少年・川端タケル役を間宮祥太朗、宇相吹に仕事を依頼する木村優役を真野恵里菜、ジュエリーデザイナー・夢原理沙役を芦名星、多田の先輩刑事・美冬役を矢田亜希子、ワケありの鑑識官・宏役を安田顕が演じる。

そのほか、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、小林稔侍らが脇を固める。

映画『不能犯』は、2018年全国ロードショー。