夏祭りや花火大会など、青春を彷彿とさせるイベントの多い夏。そんな季節にぴったりな、初々しい気持ちを思い起こしながら胸キュンできるアニメ映画・TVアニメをご紹介します!

アニメ映画『時をかける少女』(2006)

何度もリメイクされた名作青春ストーリー「時かけ」

時をかける少女 [Blu-ray]

アニメ映画版は、原作の筒井康隆さんによる小説「時をかける少女」から20年後の世界が舞台。

友達の浩介、千昭と共に日々を過ごしていた活発な女子高生・真琴が、ひょんなことから「タイムリープ(過去に戻ること)」ができるようになってしまうというお話です。

最初は食べ損ねたプリンを食べるとか、抜き打ちテストで良い点を取るとか、日常のささいな企みに能力を使っていた真琴。しかし「3人でこのまま一緒にいたい」という願望を叶えるためにその力を使うようになり、タイムリープによって起こした小さな変化が、次第に大きなものへと変わっていきます。

アニメ映画『時をかける少女』の胸キュンポイント

時をかける少女 限定版 [DVD]

「時かけ」の胸キュンポイントは3つ。

まずひとつは、自転車の二人乗りをしながら千昭が真琴に告白するシーン。「日常の中でナチュラルに告白されたい!」と考えているタイプなら、これ以上ないくらいのベストシチュエーションではないでしょうか。

告白のセリフは「真琴、俺と……付き合えば?」というもの。素直に「好きだから付き合ってほしい」と言えばいいのに言えない、高校生らしい甘酸っぱさと千昭のツンデレ具合がたまらないセリフでした。

2つ目は、友達の千昭に彼女ができたとき、真琴が功介に「彼女を作らないのか」と尋ねたシーン。功介は「俺が彼女作ったら、真琴がひとりになっちゃうじゃん」と言うんですね。

思春期真っ盛りにもかかわらず、自分の欲より真琴を優先する功介。「こんな風に男友達から大事にされてみたい!」と思った方は多かったのではないでしょうか。個人的に「時かけ」のベスト・オブ・胸キュンシーンです。

3つ目は、やっぱりラストシーン。物語の終盤で、未来から来たことが判明した千昭。未来人が持つ力を使って、千昭は未来へと帰ることになります。お別れをして、反対方向に歩いていく二人。しかし、真琴は途中で泣き出して、立ち止まってしまいます。そんな真琴のもとに早足で戻ってくる千昭。そこで「未来で待ってる」と、あの有名なセリフを言うわけです。

「うん。すぐ行く。走って行く」と返した真琴。諸説ありますが、私はこのシーンを告白だったと考えています。千昭の一度目の告白のときは、自分の気持ちに気が付いておらず、その事実を無くすためにタイムリープをした真琴。タイムリープを重ねるうちに、千昭が真琴の友人と付き合ったことなどもあり、真琴はようやく千昭への想いに気が付きます。

「好きだ」と明言はしないけれど、お互いに想い合っていることが伝わってくるこのセリフ。「月が綺麗ですね」と似た趣のある告白です。もう会えないことはわかっていたけれど、気持ちを伝えなければずっと後悔すると思い、きっと千昭は急いで戻ってきたのでしょう。

千昭のこの行動があったからこそ、一度は立ち止まった真琴もちゃんと前を向くことができ、お互いにとって最良のエンドを迎えられたのではないでしょうか。

アニメ映画『蛍火の杜へ』

人気アニメ『夏目友人帳』スタッフによるアニメ映画『蛍火の杜へ』

蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [Blu-ray]

祖父の家へ遊びに来ていた少女・蛍は、妖怪が住むといわれる森に迷い込みます。そこで泣いていた蛍が出会ったのは、狐面をかぶったギンという青年。

ギンは一見人間のように見えますが、妖怪でも人間でもない存在。そして、「人に触れられると消えてしまう」という秘密がありました。ギンの助けで無事に森を出ることができた蛍は、それから毎年夏になるとギンの元を訪れ、二人は木の枝一本の距離を保ったまま、心の距離を近づけていきます。

アニメ映画『蛍火の杜へ』の胸キュンポイント

蛍火の杜へ オリジナル・サウンドトラック 季節の瞬き

ギンはほとんど年を取らないため、出会った頃は見た目の年齢差が大きかった二人ですが、次第にその差は近づいていきます。二人の見た目がほとんど同年代になった頃、蛍はギンから妖怪が人間に化けて行なっているというお祭りに誘われます。

妖怪ばかりのお祭りは少し怖い、と伝えた蛍に「蛍は俺が守るよ」と言うギン。ここだけでもキュンとするのですが、ギンのかっこよさはそんなレベルではありません。「そういうこと言われると飛びつきたくなってしまう」と言った蛍に、ギンは「飛びつけばいい。本望だ」と言うんです。蛍に触れられて消えるのなら本望であると! 胸キュンがとまりません。

さらにそのお祭りで、手をつなげない二人は、はぐれないように細長い布をお互いの手首に巻くことに。その時蛍が言った「デートみたいですねー」という言葉に、ギンは「デートなんですねー」と返します。この時のギンの表情は見えないのですが、声色からうれしそうな感じが伝わってくるんです。そう言われた蛍も頬を染めていて。

10年に渡って絆を深めていた二人ですが、その帰り道、ギンは「もう夏を待てない」と言います。つまりこれは、二人にとって、最初で最後のデート……。

そして何より素晴らしいのがラスト。妖怪たちのお祭りの帰り、ギンはいつもつけていた狐面を蛍につけ、面の上から蛍にキスをします。ここでまずキュンとします。

その後、ギンは転びそうになった子供を助けるのですが、それは人間の子供でした。消え始めたギンは蛍に「来い、蛍。やっとお前に触れられる」と言い、蛍はその腕に飛び込みます。

何度見ても泣いてしまう切ないシーンですが、ギンの「やっとお前に触れられる」というセリフに、不覚にもキュン。ずっと好きで、ずっと触れたいと思っていた、ギンのそんな気持ちが伝わってくるセリフでした。45分という短い時間に、胸キュンがたっぷり詰まった映画です。

TVアニメ『オオカミ少女と黒王子』

ドSなイケメンを堪能するTVアニメ『オオカミ少女と黒王子』

オオカミ少女と黒王子 DVD-BOX スペシャルプライス版 【期間限定】

高校でできた友達と話を合わせるために、嘘の彼氏との恋愛話を続けていたエリカ。エリカの嘘がいよいよバレそうになった時、同じ学校のイケメン・佐田恭也が彼氏のフリをしてくれることに。親切で優しい、まさに王子様……と思ったのもつかの間、佐田恭也はとんでもないドSの「黒王子」でした。

本作は二階堂ふみさん、山﨑賢人さんらで実写映画化もされています。

TVアニメ『オオカミ少女と黒王子』の胸キュンポイント

オオカミ少女と黒王子 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

『オオカミ少女と黒王子』は本当にキュンキュンするシーンが多いのですが、今回は3つだけピックアップ!

ひとつ目は第1話で、エリカを恭也が守ったシーン。友達に話した嘘の彼氏との恥ずかしい恋愛話を、大勢の生徒の前で暴露されてしまったエリカは、一緒に昼食をとっていた恭也が風評被害を受ける姿に耐えられず、友達を失う覚悟ですべてが嘘だったことを話そうとそうとします。

しかしそれを遮り、エリカが嘘を告白することなく、その場を切り抜けた恭也。それを謝るエリカに恭也は「お前、俺の彼女なんだから、黙って守られてりゃいいんだよ」と言います。遠回しな「俺がお前を守る」発言で、視聴者を一気に虜にした胸キュンシーンでした。

第5話では、エリカが友人たちと、クリスマスデートの写真を送り合う約束をします。しかし、恭也はクリスマスが嫌いな様子。仕方がないので二人は学校からの帰り道、友人へ送るためのデート写真を撮ることに。

大きなクリスマスツリーの前で写真を撮ろうとする二人ですが、撮影に手間取るエリカ。見かねた恭也がスマホを奪って写真を撮るのですが、そこで恭也がエリカを抱き寄せる姿にキュン! 偽カップルにもかかわらず、なんだかんだと優しい恭也を垣間見ることができます。

その後、さまざまな出来事を経て、ようやく本物のカップルとなった二人。第10話では、エリカの誕生日を二人でお祝いします。その帰り道で「大好き」と言ったエリカを、恭也がぎゅっと抱きしめるシーンが3つ目。

視聴者とエリカが急展開に戸惑っているとき、エリカの耳元で「バカ。轢かれてぇのか」と恭也。「あぁ、なるほどね」と納得したのもつかの間、車が通る瞬間に、恭也は再びエリカの耳元で何かを呟きます。

口の動きを見る限りでは、おそらく「好き」と言ったのではないでしょうか。なかなか想いを伝えることができない、シャイな恭也がデレた瞬間です。さらにその後、苦しいくらいにエリカをぎゅっと抱きしめる恭也。そこで映し出された恭也の照れている顔が、また最高で……。

TVアニメ『となりの怪物くん』

破天荒イケメン×ガリ勉系女子のラブコメTVアニメ『となりの怪物くん』

となりの怪物くん 2(完全生産限定版) [DVD]

勉強第一の女子高生・水谷雫の隣の席は、入学初日に流血事件を起こして以来、学校に来ていない問題児・吉田春(通称・ハル)。雫は、そんなハルにプリントを届けたことをきっかけに気に入られてしまいます。破天荒なハルの行動に辟易(へきえき)する雫ですが、二人の間には次第に友情が芽生え、さらにそれは恋愛に近いものへと変わっていきます。

TVアニメ『となりの怪物くん』の胸キュンポイント

となりの怪物くん 6(完全生産限定版) [Blu-ray]

かつてハルの悪友だった山口賢二(通称・ヤマケン)というキャラクターがいるのですが、『となりの怪物くん』の胸キュンポイントはとにかく彼。プライドが高く、イケメンでお金持ちなヤマケン。一見完璧に見える彼ですが、実はとんでもない方向音痴。まず、そのギャップがかわいくてたまりません。

さらに、プライドが高いあまり、雫に惹かれていることをなかなか認めようとしないヤマケン。しかし、明らかに雫のことが好きで好きで仕方ない様子。

その姿が多く描かれているのが11話。予備校で「おなか空いた……」と呟いた雫を食事に誘おうとしてみたり、雫の何気ない一言に喜んでいたり。「少なくとも俺なら、あんたに不安も迷いも与えないね」と口説き文句のような発言を無意識にしていたり、「俺は人に頭触られるのが一番嫌いなんだよ」とハルには言ったのに、雫に触られるのは平気だったり……。

12話では、初詣の屋台で雫にイカ焼きを奢ろうとして失敗したり、素直には言えないけれど、内心では雫と一緒に屋台を回りたいと思っていたりするヤマケン。

13話では迷子になっている時に雫と偶然会い、道案内を買って出た雫に「別に迷ってねーし」と強がりつつ、素直についていくヤマケン。

アニメの後半は怒涛のヤマケンラッシュで、彼への愛しさが止まりません。漫画版では、こんなにかわいいヤマケンがさらにたくさん登場するので、アニメを見てヤマケンに興味を持った方は漫画版もおすすめですよ。

胸キュンアニメが好きな人にオススメしたい映画『一週間フレンズ。』

一週間フレンズ。 豪華版BOX表1

(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

さて、紹介したアニメのなかに、好きな作品や気になる作品はありましたか? もし、こんな胸キュンアニメがお好みなら、実写映画『一週間フレンズ。』でも、たくさんの胸キュンを感じてもらえると思います!

切ないながらも胸キュン要素アリの映画『一週間フレンズ。』

『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)で連載されていた、漫画『一週間フレンズ。』。アニメ化もされた同作の実写映画が、2017年8月2日(水)にBlu-ray&DVDで発売決定。本作では、主人公の長谷祐樹役を山﨑賢人さん、ヒロインの藤宮香織役を川口春奈さんが務めました。

一週間フレンズ。 Blu-ray&DVD 場面写真2

(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

主人公は、図書カードをきっかけに同級生の藤宮香織と出会った長谷祐樹。香織に近づきたいと思った祐樹は「友達になってください」とストレートに伝えますが、香織はそれをかたくなに拒み続けます。

どうして彼女は彼と友達になれないの……? それは、彼女が「一週間で友達との記憶を無くしてしまう」記憶障害を抱えていたためでした。

映画『一週間フレンズ。』の胸キュンポイント

一週間フレンズ。 Blu-ray&DVD 場面写真1

(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

香織も次第に心を開き、友情を育みはじめる祐樹たち。ある日、祐樹と香織、そして祐樹の友人2人と共にお祭りへ行くことに。しかし当日、香織は3人とはぐれてしまいます。不安な気持ちで彼らを探す香織ですが、人込みのなかで転びそうに……。その瞬間、彼女の手を掴んで助けた祐樹にキュン!

さらに、文化祭の日、誰もいない図書室で、祐樹が後ろから香織を抱きしめるシーンにもキュン。文化祭というシチュエーションも、高校生らしい青春を感じられていいですよね。

青春時代と比べて、日々の生活に“胸キュン”が足りないと感じたら、アニメや映画で胸キュン欲を満たしてみるのはいかがですか?

■『一週間フレンズ。』ブルーレイ&DVD情報

(文:しましま)