【映画パンフレット】ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 (実写版)2017年8月4日(土)、映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が公開されました。主演は、漫画実写映画には欠かせない存在といっても過言ではない、山﨑賢人さん。

そこで、「シネマズ女子部」第17回では、山﨑賢人さんのデビュー作をはじめ、初期に出演していた作品を振り返ってみたいと思います。

『管制塔』(2011)

管制塔 [DVD]さすがに、今と比べると若い!と言いたくなる山﨑賢人さん。映画初出演はこちらの作品でした。6年前に公開された作品ですので、この時の山﨑賢人さんは16歳くらいでしょうか。でも、堂々としたお芝居とオーラは、今と変わらないほどです。

この作品には、ギター1本で弾き語りをする貴重なシーンもあります。特に、感情を前面に出さない男子高校生が、歌で気持ちを吐き出すという、大事なパートです。

山﨑賢人さん、歌、うまいんですね。ただ歌唱力があるということではなくて、心がこもっていて、グっときます。

『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』(2012)

映画「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」【TBSオンデマンド】

連続ドラマ『新参者』(TBS、2010)の続編として映画化された作品です。3年前の事件をきっかけに、家族にも心を閉ざしていた青柳悠人(松坂桃李)の同級生、杉野達也を山﨑賢人さんが演じました。

中盤あたりで1シーンだけ登場したのち、そのまましばらく出演シーンがなかったので、それほど出番はないのかな・・・と思いきや、終盤に事件を握る重要な人物でした。

終盤まで出番が少なかったなか、杉野の感情の起伏を見事に演じていました。

『リアル鬼ごっこ3』(2012)

リアル鬼ごっこ3

劇場版シリーズだけでなく、連続ドラマ化もされている『リアル鬼ごっこ』シリーズ。山﨑賢人さんは、映画の3作目で主演を務めていました。

とにかく走る、走る、走る。

以前、「ヒロインに“走らせる”俳優・山﨑賢人が遂に走った!」という記事を掲載しましたが、距離にするとおそらく一番走っているのが、この『リアル鬼ごっこ3』です。

それも、青春恋愛映画などとは違って、激走。爆走。

「リアル鬼ごっこ」ならではのスリルや怖さはありますが、山﨑賢人さんの走りを見ていると、どこか爽快な気分になれます。

『Another』(2012)

アナザー Another DVD スタンダード・エディション

ホラー映画ということもあって、「これだけは…」と敬遠してきた人も多いのではないでしょうか。山﨑賢人さんは、『管制塔』で共演した橋本愛さんと再び、高校生役を演じました。

榊原(山﨑賢人)には、クラスメイトの見崎(橋本愛)が見えますが、他の人には見えていないという不思議な状況のなか、物語は進んでいきます。

『管制塔』のように、ふたりが楽しく楽器を演奏したり、一緒に遊んだりするシーンはありませんが、ふたりの絆を感じられる作品になっています。

また、怯えながらも果敢に秘密に迫ろうとする榊原を演じる、山﨑賢人さんの姿が印象的ですよ。

『今日、恋をはじめます』(2012)

今日、恋をはじめます 【TBSオンデマンド】

武井咲さん、松坂桃李さん主演の作品です。山﨑さんは、椿京太(松坂桃李)の幼馴染・長谷川西希として出演しました。松坂桃李さんとは、『麒麟の翼』以来の共演ですね。

茶色に染めた長めのくるっとした髪を、後ろでひとつに結んでいたりと、イケメンヘアスタイル! 夏休みに海で遊ぶシーンでは、つばき(武井咲)の水着姿を見て「いい身体…!」と言ったり、高校生らしさ全開です。

それでもまだ今より線が細くて、制服もダボっと着ていたりするところが可愛らしくもあります。

『ジンクス!!!』(2013)

ジンクス!!! [DVD]

韓国からの留学生の主人公が、日本できた友達とその幼馴染との恋を成就させようと奮闘する物語です。

その日本人の友人を、山﨑賢人さん、清水くるみさんが演じました。山﨑さんは、すごく優しくてさわやかな高校生で、韓国人留学生が教える恋のジンクスに素直に従おうとする場面が多く見られます。

特に、恋を実らせようと純粋に頑張るところや、ラストのスケート場での告白シーンは見どころです!

これ以降の作品で、山﨑さんは“ドS”と言われるキャラクターを演じることが多くなったのですが、今作では、純粋で心穏やかな高校生を演じた貴重な姿がみられます。

『L・DK』(2014)

LDK [DVD]

このころから格段に大人っぽくなった山﨑賢人さん。今作は、いわゆる「壁ドン」が流行するきっかけになった映画とも言われています。

それだけに、まさに胸キュンなシーンが満載。山﨑さん演じる久我山柊聖は、ヒロインの西森葵(剛力彩芽)の熱を測ったり、雷に怖がる葵と手をつないであげたり、ドSの中に優しさが垣間見られるというのが見どころです。

そのなかでも、柊聖がジェットコースターを怖がるシーンでは、かわいらしい一面も見せています。

最後の花火大会での告白シーン、川の向こうにいるヒロインに向かって叫ぶ、熱のこもった演技も素敵です。

どこまでも成長し、躍進する山﨑賢人

【Amazon.co.jp限定】山﨑賢人2017年カレンダー 豪華撮り下ろし写真入りミニカレンダー付

2015年の『ヒロイン失格』以降の山﨑賢人さんの活躍は、みなさんもご存知のとおり。

2017年は、主演作『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)、『氷菓』(11月3日公開)の公開が決定していますし、2018年もすでに『羊と鋼の森』での主演が発表されています。

もう、本当に、どこまで活躍するのでしょうか。いや、どこまでも成長し躍進されるのでしょうね。出演作が増えれば増えるほど、初期の作品で見せるあどけない表情や初々しさは貴重なものになります。ぜひ、この機会にご覧になってください!

(文:kamito努)

【「シネマズ女子部」バックナンバー】第16回・映画『君の膵臓を食べたい』ネタバレなし!演技が刺さる若手俳優4人を紹介第15回・映画の不良少年ってカッコいい! 魅力が光るアウトローな若者たちの系譜第14回・平成生まれは知らないかも…剛と光一がドラマでキス!? 「未満都市」だけじゃないKinKi Kids名作ドラマ4選

以前の記事はこちらから