同名人気コミックを、主演・松坂桃李、ヒロイン・沢尻エリカで実写化する映画『不能犯』の特報映像が解禁となった。

松坂桃李、初のダークヒーロー

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。彼こそがSNSで噂の<電話ボックスの男>だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故――宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、<不能犯>だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。彼の正体とは一体――

不能犯 ティザーポスター

映画『不能犯』は作画・神崎裕也、原作・宮月新の同名人気コミックを実写映画化する、スリラー・エンターテインメント作品。人の心を操り実証不可能な犯罪を犯す“不能犯”の手口とその壮大な目的を描く。

赤く光る妖しい瞳から放つ不気味な能力で、人の心を操る男、主人公の宇相吹正を松坂桃李、宇相と対決するヒロイン・多田友子役を沢尻エリカが演じるほか、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍らが脇を固める。メガホンを取るのは『貞子vs伽椰子』の白石晃士監督。

このたび、本作の特報映像が解禁となった。

映像では「愚かだね、人間は―」というドS発言と共にニヤリと不気味な笑顔を浮かべる松坂桃李が演じる宇相吹が登場。さらに「視線一つで、すべての人間を死に導く男」というコピーと共に、宇相吹に翻弄・死に導かれる人々の姿が映し出される。これまでのイメージにはなかった松坂桃李のダークヒーローぶりに期待感煽られる仕上がりとなっている。

映画『不能犯』は、2018年2月1日(木)より全国ロードショー。

(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会