米テレビドラマ「クリミナル・マインド」のスピンオフで、外国でトラブルに巻き込まれたアメリカ人を助けるFBIの課を描いた「クリミナル・マインド 国際捜査班」が、第2シーズンで終了することが決まった。

 The Hollywood Reporter などによると、同ドラマは第1シーズンで批評家に酷評されたものの、13エピソードの第2シーズンを製作。しかし、両シーズンとも期待していた視聴率は獲得できなかったという。

 「CSI:科学捜査班」シリーズに比べ、「クリミナル・マインド」のスピンオフは短命のようだ。2011年にスピンオフした「クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル」も1シーズン13エピソードで終了している。本家「クリミナル・マインド FBI行動分析課」は先日、第13シーズンの製作が発表されたばかり。(澤田理沙)