俳優の窪塚洋介が15日、都内で行われた映画『アリーキャット』初日舞台あいさつに登壇し、降谷建志火野正平の過激な撮影裏話を明かした。この日は、市川由衣品川祐(品川庄司)、岡本拓真、高川裕也、川瀬陽太、榊英雄監督も来場した。

 本作は、窪塚演じる東洋チャンピオンだった元ボクサーのマルが、ひょんなことからバディとなった Dragon Ash の降谷演じるリリィと一緒に、一人の女を守るために奮闘し、熱い想いを取り戻していく姿を、クライムサスペンスの要素を含ませながら描いた人生再生物語。

 マルの元パトロンでヤクザ幹部を演じた火野の話に及ぶと、窪塚は「最初にお会いしたときに、建志くんに『お前のオヤジ(古谷一行)、こないだ年賀状くれたんだけど、火の字が日にちの日になってたんだよ』ってクレームを入れてから、一回(二人で)ご飯を食べに行ってるんですよ。そのあと戻ってきたら、(火野が)『監督、もうちょっと(降谷に)蹴りを入れてみようかと思うんだけど』って(提案していて、本番では)逆恨みみたいなアドリブを入れてこられたのかなぁと思いました」と暴露。本番前は「俺が蹴られるんじゃないんで。建志くんなんでまぁいいや」と思ったそうだが、実際に1、2発当てられている姿を思い返す窪塚は「ちょっとした事故ではないな……」と冷静に分析し、観客の笑いを誘った。

 そんな降谷はツアー中ということもあって本イベントは欠席したが、「Kj(降谷)が俺のことをいまだにマルと呼んでくれてドキッとさせられる」と現在も交流があることを明かす窪塚。そして、「俺らはこの映画が終わったら次の映画で次の人生を生きる仕事をしていて、それを“職業的”というと興ざめなところはあるかもしれないですけど、Kjはこの先も Dragon Ash として『アリーキャット』という映画を背負って前に進んでいくんだなぁと思うと、それだけでこの映画の価値がすごく上がるし、意味が深まる」としみじみと語ると、「本当にいい時間を過ごさせていただきました」と個性豊かなキャストがそろった本作に携われた喜びを噛みしめていた。(取材/錦怜那)

映画『アリーキャット』は全国公開中