北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』(10月7日公開)の公開を記念して、北野監督作品13作品が新たにブルーレイ化されることが決定した。これにより北野監督の劇場公開作は全てブルーレイ化されることになる。

 今回ブルーレイ化が決定したのは、すでにブルーレイ販売されていた『Kids Return キッズ・リターン』『アウトレイジ』『アウトレイジ ビヨンド』『龍三と七人の子分たち』以外の13作品。『その男、凶暴につき』『3-4X10月』『あの夏、いちばん静かな海。』『ソナチネ』『みんな〜やってるか!』『HANA-BI』『菊次郎の夏』『BROTHER』『Dolls ドールズ』『座頭市』『TAKESHIS'』『監督・ばんざい!』『アキレスと亀』の計13タイトルのブルーレイは、9月27日より発売される(税抜き価格:3,800円)。

 また併せて最新作『アウトレイジ 最終章』の場面写真も公開。全ての因縁に決着をつけるため日本へと戻ってきた大友(ビートたけし)と、大友を慕う市川(大森南朋)が拳銃とマシンガンを手に何者かをにらみつけるシーンや、花菱会の若頭・西野(西田敏行)と若頭補佐・中田(塩見三省)、さらに今作から参戦する花菱会の新会長・野村(大杉漣)、幹部・花田(ピエール瀧)などのこわもてメンツの顔面狂気っぷりを堪能できる画像となっている。(編集部・井本早紀)