お笑い芸人の横澤夏子(27)が、所属事務所のFAXを通じて結婚を報告。めでたく自身の誕生日である7月20日に迎えたバースデー婚となり、直筆メッセージでも幸せいっぱいの様子をつづった横澤だが、その書面でも見事なコメディエンヌっぷりを披露。ファンからは「FAXが面白い」「フレーズにめちゃ笑った」という声が上がり、一部報道では「爆笑FAX報告」と報じられるほどの反響を得ている。

 まず入籍日について、横澤は「この度私横澤夏子はかねてより結婚に追い込んでおりました男性と7月20日に入籍致しましたことをご報告させて頂きます」と“追い込んで”というなかなか結婚報告とは結び付かなさそうなフレーズでコメント。

 また事前に一部メディアで報道があったことを受け、「一部メディアで結婚の時期などの情報が流れたことについて、まだ環境が整っておらず、また実際に入籍するまでは逃げられる可能性もあるのではないかと勘ぐったため、正直にお伝えすることができませんでした」と各所へのお詫びの言葉と共に説明している。“追い込んで”“逃げられる可能性もあるのではないかと勘ぐった”など、まるで漁や狩りをしているような横澤ならではのユニークすぎる結婚報告となった。

 一方で、「今後は、私の凝り固まっている結婚という理想にとらわれず、取り合った手を絶対離さないように、2人で人生を歩んで行きたいと思います。今後ともよろしくお願い致します」と妻としての決意も新たに。所属事務所によると、横澤は都内の区役所に婚姻届けを提出。相手は一つ年上の会社員の男性で、挙式・披露宴については来年初めを予定しているという。(編集部・井本早紀)

<以下、横澤夏子コメント全文>

お世話になっております。
最近の結婚報道につきましては、各所ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

私事で大変恐縮ですが、この度私横澤夏子はかねてより結婚に追い込んでおりました男性と7月20日に入籍致しましたことをご報告させて頂きます。

一部メディアで結婚の時期などの情報が流れたことについて、まだ環境が整っておらず、また実際に入籍するまでは逃げられる可能性もあるのではないかと勘ぐったため、正直にお伝えすることができませんでした。

今後は、私の凝り固まっている結婚という理想にとらわれず、取り合った手を絶対離さないように、2人で人生を歩んで行きたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

平成29年7月20日
横澤夏子