米テレビドラマ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」の前日譚(たん)スピンオフ「ヤング・シェルドン(原題) / Young Sheldon」に、映画『ゴーストバスターズ』のアニー・ポッツがレギュラー出演すると The Hollywood Reporter が報じた。

 同スピンオフは、オリジナル版に登場するシェルドン・クーパー(ジム・パーソンズ)の子供時代を描く作品。子供のシェルドンには「ビッグ・リトル・ライズ 〜セレブママたちの憂うつ」のイアン・アーミテイジがキャスティングされている。

 アニーが演じるのは、口の悪い、酒飲みなシェルドンのおばあちゃん。「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」では 何度も話題に上りながら、一度も登場したことがなかったが、第9シーズンに映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたジューン・スキッブが同役で初登場して話題となった。

 「ヤング・シェルドン(原題)」では母親メアリー・クーパーは、オリジナル版で同役を務めるローリー・メトカーフの実の娘で女優のゾーイ・ペリーが演じている。アニーが演じるおばあちゃんは、メアリーの母親だという。ドラマは9月25日から米放送が始まる。(澤田理沙)