7月24日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは『キングコング:髑髏島の巨神』が初登場で首位を獲得。ディズニー『モアナと伝説の海』の連続首位記録は2週でストップした。

 1973年、ベトナム戦争に従事していた米軍の部隊は地質調査隊を髑髏島へ運ぶ任務に就く。調査のため特殊な爆弾を地上で爆破させると、突然巨大なゴリラのような生物が出現。それは「コング」と呼ばれる島の守護神だった。さらに他の巨大生物も現れ、隊員たちは逃げ惑う。彼らは無事島を脱出できるのか。コングや他の巨大生物のスケール感とスピードに圧倒される。調査隊のリーダーを『マイティ・ソー』シリーズのトム・ヒドルストン、調査隊のカメラマンを『ルーム』のブリー・ラーソン、米軍部隊のリーダーをサミュエル・L・ジャクソンが演じる。監督はジョーダン・ヴォート=ロバーツ。

 先週3位の『アサシン クリード』は5位にランクダウン。同作はアサシンたちがテンプル騎士団を相手に剣や弓でスピーディーに戦ったり、建物から建物へ飛び移り、そしてよじ登るアクロバティックなアクションが満載だ。CGで何でも作ることができるハリウッド映画において生身の肉体バトルは逆に新鮮。このアクションは「パルクール」というスポーツを基に組み立てられている。

 11位以下で注目なのは、14位に初登場した『クリミナル 2人の記憶を持つ男』。ケヴィン・コスナーふんする死刑囚がCIAエージェントの記憶を脳に移植され、スパイ能力を発揮してテロリストとの戦いに挑む。共演ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズ、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズ

 16位にはテレビドラマ「24 TWENTY FOUR」の新作「24:レガシー vol.1」が初登場。主人公ジャック・バウワーを演じてきたキーファー・サザーランドは製作総指揮に回り、キャストが一新されている。21日のレンタル開始から3日間でランクイン。来週のトップ10入りに期待したい。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『キングコング:髑髏島の巨神』(初登場)
2位『モアナと伝説の海』(1位)
3位『トリプルX:再起動』(2位)
4位『キセキ −あの日のソビト−』(4位)
5位『アサシン クリード』(3位)
6位『海賊とよばれた男』(5位)
7位『土竜の唄 香港狂騒曲』(6位)
8位『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(7位)
9位『ドクター・ストレンジ』(8位)
10位『シン・ゴジラ』(11位)

 今週は26日に『君の名は。』がレンタル開始となる。『キングコング』が2週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)