欽ちゃんの愛称で親しまれる萩本欽一に密着したドキュメンタリー映画『We Love Television?』が今年秋に公開されることが明らかになった。「電波少年」シリーズを手がけた“Tプロデューサー”こと土屋敏男がメガホンを取った本作は萩本にとって初の実録映画となるが、密着されている間は映画を撮っているとは知らされていなかったそうで「まさか映画を作っているなんて知らなかった。この映画、人生で納得のいかない唯一の仕事かな」と萩本はコメントを発表している。

 「スター誕生!」「欽ちゃんのどこまでやるの!?」「ぴったし カン・カン」など視聴率30%級の超人気番組を生み出し、自身の冠番組やレギュラー番組の1週間の視聴率の合計が100%を超えていたことから“視聴率100%男”とも呼ばれていた萩本。今作は、そんな萩本にアナログ放送から地上デジタル放送への切り替え期である2011年より密着したドキュメンタリー作品だ。

 萩本が新番組制作に挑む姿をとらえている同作だが、その新番組の発起人が土屋であり、番組の共演者として女優の田中美佐子とお笑い芸人の河本準一(次長課長)が出演。番組の構成担当には「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」などの放送作家・高須光聖、番組セット担当にはクリエイティブ集団チームラボが参加している。その布陣で番組づくりに挑む萩本に密着しておさめられたのは、エンターテインメントへのあくなき執念と狂気を秘めた萩本の番組制作の奥義、そしてテレビマンたちの熱意だった。

 お茶の間の人気者・欽ちゃんの誰も見たことのない姿を映し出し、これまで世に出ることのなかった萩本の番組制作の裏側に迫る本作。「人生で納得のいかない唯一の仕事」と映画を紹介する萩本は、「もっと面白くしたいなら、僕がコロッと逝った時に公開すればいいんだけどね(笑)」と語っている。(編集部・海江田宗)

『We Love Television?』は11月3日より全国公開