今年1月から3月にかけて放送されたテレビドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)で共演した女優の吉高由里子榮倉奈々大島優子がSNSで再会の3ショットを公開。大島は、今年6月に出産したばかりの榮倉の赤ちゃんに会いに行ったことを報告した。

 「東京タラレバ娘」は、東村アキコの人気漫画を原作に、売れない脚本家・倫子(吉高)、再会した昔の恋人に翻弄されるネイリスト・香(榮倉)、妻子アリの男性と不倫に走る居酒屋の看板娘・小雪(大島)、人生崖っぷちな仲良し3人組のリアルなアラサー恋愛事情を描いた物語。

 吉高、榮倉、大島はそれぞれInstagramやTwitterに猫耳&髭の落書きを施した3ショットを投稿。大島のインスタには「月イチのタラレバ娘会」とあり、「奈々ちゃんのお子にすでに二回も会い 私がママだよ〜 と刷り込ませる由里子と優子おばちゃん」と榮倉の赤ちゃんに会いに行ったことを茶目っ気たっぷりにつづっている。

 一方、吉高はドラマ終了から4か月経過していることにしみじみしながら、「終わってからも毎月会える関係は 嬉しいな お腹も胸もいっぱいな時間過ごせたよ」と仲良しぶりをアピール。榮倉も「撮影中は濃厚な4ヶ月を過ごしたから、違う場所で違う時間を過ごしているのが不思議。元気と勇気をもらえる(^^)ところで、目がランラン」と3人の絆をかみしめている。

 久々の「タラレバ娘」の集合に、「本当に仲良しで楽しそう」などファンから歓喜のコメントが続々寄せられており、「ななちゃん元気そうで良かった」「子育て頑張ってください」など産後の榮倉を気遣う声のほか、「また続編ないかなぁ」「映画になってほしー!」など、その後の物語を望む声もみられた。(月影さら)